株式会社の時価発行増資のやり方

株式会社の時価発行増資というのは時価に近い価格で新株を発行するやり方のことで、従来においては発行価格を株式を額面のまま発行する額面発行とそのときの取引価格で発行する時価発行、そのときの取引価格と額面価額の中間付近で決定する中間発行に分けられていましたが、2001年10月の改正商法によって、額面株式の概念がなくなったために全ての株式が無額面株式として扱われるようになりました。時価発行の場合であれば株価が高い状態に推移している時には少ない発行株式数で多くの資金を調達できるという利点があり、戦後の日本においては額面発行が主流の時代が長く続いていましたが、1968年の日本楽器が時価発行による新株の発行を行ってからは次第にそのメリットが知られるようになり、時価発行が有償増資の主流となっていきました。1980年代の後半においてはバブル経済などを背景として時価発行増資が急増しましたが、1990年以降のバブル経済の崩壊による株式市場の低迷などによって、一時的に時価発行による公募増資が停止するという状況に至りました。時価発行による増資や新株予約権付社債、転換社債発行などのことはエクイティ・ファイナンスとも呼ばれています。
ビジネス女性02