株式公開価格の決定

株式を公開するということの意味は企業が一般投資家に広くその企業に対する投資の機会を提供することで、株式公開価格の決定方式としては一般競争入札方式とブックビルディング方式とがありますが、現在においてはブックビルディング方式による株式公開が行われることが多くなっています。ブックビルディング方式というのは株式や債券の新規の発行や売出しに際して、その発行などを引き受けることになる証券会社が仮の発行条件を提示して投資家の需要を調査した上で公開価格を決定するというもので、需要積み上げ方式とも呼ばれています。この方式による公開価格を決める手順としては主幹事に選ばれている証券会社が発行会社の財務内容などを参考にして発行価格の上限と下限を定めて、投資家がこの価格に関する情報を証券会社の店頭や電子交付などによって目論見書を受け取り証券会社が定めたブックビルディング期間内において、仮条件をもとにして申込金無料の需要申告を行います。このブックビルディング期間に投資家から提出された需要申告の情報を積み上げていって、その結果などをもとにして募集価格や売出価格が決められます。投資家においてはこの募集・売出価格を確認した上で申し込み期間中に購入代金の払い込みをして取引が完了します。
ビジネス女性05