株式の公開と価格決定方法

現在の日本のみならず世界の大企業が円滑に事業を行える理由は、その自社の信頼を担保に自社の利益をある程度還元するシステムである株式を行っているからだと言えます。まず経営がうまくいき自社の規模が大きくなりそれに比例して事業も拡大をする際には、どうしても自社だけでは資金面で足りなくなるのです。そこで債権などの自社が借金をして一般投資家に担保して株主に資金提供をしてもらうために、その債権を売買を専門としている上場企業に公開を申請します。その際に上場企業が最も重要な事は公開したものがその企業と一般投資家の双方に利益分配が出来るように調節することであり、その調節法を価格決定方法と呼びます。この価格決定方法とは会社が広く一般投資家にその会社への投資機会を提供するために、この価格の決定方式としてブックビルディング方式を採用しています。このブックビルディング方式とは券を発行して売り出した時に、この申請した証券会社が仮の発行条件を提示して投資家の需要を調べた上で価格を決定する方法を指します。この方法を取る事でリスクの分散が可能となり、先に言った企業と一般投資家の双方に利益分配が出来るように調節が可能になります。
ビジネス女性06