増資の意味

増資というのは企業が資本金を増やすことを言いますが、株式会社においては新株を発行することによって株主から一定の金額の払い込みを受けるという有償増資と払い込みを伴わない形の無償増資があります。有償増資というのは公募と株主割当、第三者割り当てに分けられていて、無償増資は株式分割や転換社債という新株予約権付きの社債の株式への転換やワラント債の新株引受権の行使などが分類されます。株式会社が増資をする意味としては会社が経営活動において必要としている資金を調達する方法として銀行などの金融機関からの借り入れや社債の発行、株式の発行などが行われていて、借入金や社債を発行すると一定期間継続して決められた利息を払って最終的には元金を返済しなければならないというデメリットがありますが、株式を発行することによって資金調達を行う場合は会社の経営状態が悪化するなどして会社を清算しない限りにおいては資金を返済する必要が無いために長期的に安定した資金調達が可能になるというメリットがあります。増資は設備投資や新事業を立ち上げるための資金調達という役割がありますが、この他にも取引先との関係を強化したり、財務体質を強化することを目的として行われることもあります。
ビジネス11